『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝』はやっぱりとっても濃厚でした。

歌謡曲やアイドルについて語ったかと思ったら、次はP-FUNK。
これが我がブログです。扱う音楽や本に制約も聖域もありません。好きなものは好き、良いものは良いという姿勢です。

P-FUNKについてこのブログに書いたことありましたっけ?
簡単に説明しますと、 P-FUNKとは今回の主役でもあるジョージ・クリントン(George Clinton)が、1970年代に率いた2組のバンド、パーラメントとファンカデリック、及びその構成メンバーによるファンクミュージックを指す音楽ジャンルであり、またこの音楽集団そのものをさす言葉です。
ある意味では一つの音楽ジャンルとも言える、キャッチーな造語です。

そして今回の主役がまさに、P-FUNK帝国総帥ジョージ・クリントンなわけです。

そう、今回の1冊は彼が書いた自伝です。
『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録』


そりゃあもうトンデモナイ話がわんさか、って期待しちゃいますが、
やはり長年軍団を率いた人ですから、エキセントリックな部分ももちろんあるけど、しっかりとした頭脳を持っていることも読むとわかります。ただその頭脳がドラッグのせいで鈍ってしまい、低迷する結果にもなるんですけど。

有名なバーバーショップ以前のことから話は始まり、パーラメント、ファンカデリックで頂点に立つ所、そしてその後の低迷、現在へと物語は紡がれます。

盟友たちとの出会いや別れもありますし(エディ・ヘイゼルやブーツィ・コリンズですら結構あっさりしてますが)。

本人の口(手)から伝えられる音楽創作やその影響がやはり面白い。

ロックに接近していることが本人の口から語られていて、彼の音楽をファンクでありながらもロックンロールだと思っている自分が肯定された気がしました。ビートルズ、ストーンズ、クラプトンなど、黒人音楽をきちんとリスペクトして活動を始めたアーティストを理解していたし、ジミヘンドリックスわビートルズの凄さもしっかり認め受け止めていたというのが驚きでした。後付けかもしんないけどね。
ビートルズはもちろん、クリーム、レッド・ツェッペリンなどは度々文章にでてきます。

ちょっとだけピックアップしますと、
ジミとジョージクリントンは意外にも会ったのは一度だけだそうで、そのたった一度はあるパーティでのことだそう。
そしてジョージの見立ては、内気でソウルフル、控えめながらも実に魅力的と。

スライ・ストーンとの友情も描かれています。ただ、ほとんどがドラッグについてだけれども。二人は何度も共演、コラボレーションしてるけれども、二人の能力からすれば満足できる成果は出ていない気がします。もっとできたはずだと。

そして、ジョージとスライとジミで何か出来てれば、世界はほんの少し変わってたかもしれないですねぇ。
↓2014年作のファンカデリックのアルバム。スライとの共演曲あり。
First Ya Gotta Shake the Gate
First Ya Gotta Shake the Gate
posted with amazlet at 17.05.28
Funkadelic
The C Kunspyruhzy (2014-12-16)
売り上げランキング: 89,195


ジミー・ミラーとライティングパートナーだったことがあるという意外なエピソードもあったり。
また、プリンスとのエピソードもあります。
また90年代以降は、ロック人間からするとレッドホットチリペッパーズについて語っていたり、プライマル・スクリームとのアルバム作りまで言及してくれてるのが嬉しかったですね。
フリーキー・スタイリー(紙ジャケット仕様)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
EMIミュージック・ジャパン (2006-06-28)
売り上げランキング: 341,520


ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ(紙ジャケット仕様)
プライマル・スクリーム
SMJ(SME)(M) (2009-01-14)
売り上げランキング: 33,976


パーラメンツ結成時代から70年代の輝かしい時代までは読んでいて興奮しますが、活動が停滞し始めてからは文章も暗いものになっていくのでファン以外は辛いと思います(まぁ、好きな人じゃなきゃ本書を手に取らないでしょうけど)。ほぼ金銭問題(訴訟の話ばっかです)と薬物問題ばかり。わかりやすい凋落具合ですが、80年代以降の動きがよくわかります。エンターテイメントの世界で純粋に音楽に取り組むってのは実は難しいことなのだと気付かされます。まぁ、ジョージクリントン本人にもかなり問題があったわけですが。

巻末のディスコグラフィーなども充実しているし、楽曲が登場するページの索引とかは全ての音楽書籍に付けて欲しいくらい親切です。けど、クレジットが複雑だったり、ジョージが適当だったりするので正確にはわからないことも多いのでしょう、誰かそっちの解説本も作ってくれませんかね?

ジョージの髪の毛をイメージした4色ウィッグ・リボン(しおりですね)付き!!
新規ドキュメント 2017-05-09

彼らの音楽同様、濃厚で濃密な1冊です。

聴いたことがない人はまずは彼らの音楽からドウゾ!!

ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録
ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録ジョージ・クリントン 丸屋九兵衛(解説)

DU BOOKS 2016-07-15
売り上げランキング : 333187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ (SPACE SHOWER BOOKs) 丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に) (SPACE SHOWER BOOKs) PICTURING PRINCE プリンスの素顔 現代思想 2016年8月臨時増刊号 総特集◎プリンス1958-2016 P-FUNK プリンス (KAWADE夢ムック 文藝別冊) プリンスの言葉 Words of Prince SOUL definitive  1956-2016 (ele-king books) プリンスとパープル・レイン (音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏) プリンス 星になった王子様


マゴット・ブレイン [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]
マゴット・ブレイン [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]ファンカデリック

Pヴァイン・レコード 2010-12-01
売り上げランキング : 74141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スタンディング・オン・ザ・ヴァージ・オブ・ゲッティング・イット・オン [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] フリー・ユア・マインド・・・[初回限定盤] [紙ジャケット仕様] ファンカデリック [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] レッツ・テイク・イット・トゥ・ザ・ステージ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] Chocolate City サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD) コズミック・スロップ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] テイルズ・オブ・キッド・ファンカデリック [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] 5 Classic Albums アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]



Feedlyの購読登録ボタンです。このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!

follow us in feedly

ちょっと下のボタンも押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
Supernovaがリアルに買って良かったガジェット。
絶滅危惧種のシングルCDを保護しよう。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター - 音楽と本を軸に回る僕のライフ。
トラックワード
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。