スモール・フェイセズ5CDボックス『THE DECCA YEARS』はやっぱり良いものでした。

※内容や音に関して追記しました。

先日発売されたボックスセットのおかげですっかりフェイセズに夢中になったワタクシ、
順序は逆ですが、次なるボックスは、スモールフェイセズです。

SMALL FACESのデビュー50周年を記念し、DECCA在籍時の音源を5CDに収めたボックス・セット
『THE DECCA YEARS 1965-1967』です

The Decca Years 1965The Decca Years 1965
Small Faces

Polydor / Umgd 2015-10-09
売り上げランキング : 77336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



まず始めにお伝えしておきたいことが。
スモール・フェイセスかスモール・フェイセズ(レココレだけはスモール・フェイシズだけど)か問題に、自分なりの決着がつきました。
決着つけてくれたのはエルヴィス・コステロ。
あるドキュメンタリーではっきりと「スモール・フェイセズ」と発音していたので。
レココレでは「セス」だろとか「シズ」だろとか、もしくは「セス」だろとか書かれてることもありましたが、
ワタクシはコステロを信じます。たとえワタクシの耳がおかしかろうとそう聞こえたので。
今後ワタクシはスモール・フェイセズと呼びます。

さて、前置きが長くなりましたが、そんなスモール・フェイセズ。
オリジナルアルバムもボックスも繰り返しリリースされ、評価も上がり続けているバンドだと思います。
今回はその決定版ともいえるボックスです。デッカ時代に限りますが。

国内盤はもすこし後に発売されますが、価格に負けて輸入盤を購入です。
では開封の儀。

ボックスの大きさは20センチ✕15センチくらい。えっとレココレの一回り小さいくらいのサイズ。
お弁当箱のようにフタが被さっているタイプです。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_1suffix

ボックス裏。トラックリストが記載されています。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_2suffix


フタを開けますと飛び出してきますは美麗なポストカード。4枚あります。
他は買った人のお楽しみ。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_3suffix

次に現れますは、72ページのブックレット。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_4suffix

中身チラ見せ。4人のメンバー紹介。
スティーヴ・マリオット。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_5suffix
ロニー・レイン。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_6suffix
ケニー・ジョーンズ。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_7suffix
イアン・マクレガン。なんで「McLASAN」になってるのでしょ?
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_8suffix

そして一番奥底にCDが納められていました。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_9suffix

くるっと帯が巻いてありました。
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_10suffix

ではそれぞれのディスクを。
1枚目はアルバム2枚とシングルAB面を集めた『GREATEST HITS』
2、3枚目はスタジオ・アルバム2タイトル(66年の『Small Faces』、67年の『From The Beginning』)
4枚目がレア&アウトテイクを収めたディスク、
ラスト5枚目が、未発表を含んだBBCセッション集ディスクです。

紙ジャケは正直クオリティ高くはありませんねぇ。

CD 1: GREATEST HITS: WORLDWIDE SINGLES AS, BS & EPS
CD 2: SMALL FACES (ORIGINAL UK LP DECCA LK 479, RELEASED 6 MAY 1966, UK CHART POSITION: NO.3)
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_11suffix

CD 3: FROM THE BEGINNING (ORIGINAL UK LP DECCA LK 4879, RELEASED 2 JUNE 1967, UK CHART POSITION: NO.17)
CD 4: RARITIES & OUTTAKES
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_12suffix

CD 5: BBC SESSIONS
prefix譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・122_13suffix


オリジナルアルバム2枚はもちろん全曲新たにアナログマスターからケニー・ジョーンズがリマスタリングしたそうです。
アルバム2枚はデラックスエディションからそんなに経過してないですが、
果たして私の耳で違いがわかるのでしょうか?そこを楽しみたいと思います。

注目は倉庫から発見されたというBBC音源でしょうか。

マニアの方からするとまだまだ不十分なのかもしれませんが、ワタクシには満足できるセットです。
じっくりねっとり楽しみたいと思います。

※2015年11月23日追記
ようやく全て聴き終えました。軽く感想を。
リマスターの効果ですが、これはかなりあるんじゃないかと。
個人的にはスモールフェイセズの音は正直どれも良くないと思っています。
なんだか霧がかかったような音といいますか。
それが、今回のリマスターで、ブルース・スプリングスティーンじゃないけど、少し霧が晴れた感じがします。
ただそれでも残っている感じですが。
実は今回アナログ盤も1枚購入してみたので、それとも比べてみたいと思ってます。後回しにしてばっかりだな(笑)。

それぞれのディスクに一言コメント。
ディスク1の『Greatest Hits』音の良さを一番感じました。
Decca時代の8枚のシングルが順に並びます。
「Understanding」「I Can't Dance With You」とかのB面曲がめちゃくちゃ格好良いので聴き逃せません。
さらに17曲目から21曲目はレアなフランスEPから。
「Don't Stop What You're Doing(Alternate Version)」「Come On Children(Original French EP Version)」という
本当のFrench EP Versionも収録。

2枚目。1stの『Small Faces』。
久しぶりに聴いて思ったけど、かなりガレージですね。
リマスターのせいかしら。良いです。
もっと綺麗にまとまってる感じしてたんですけどけっこう荒々しいですね。むしろ好みですが。

3枚目の2nd『From The Beginning』。
これは近くにデラックスエディションがあったので聴き比べてみました。
若干クリアでソフトな丸い音になってる気がします。多分気のせいでしょうけど。

そしてレアトラックの4枚目『Raritie &Outtakes』
初登場の音源はないですが、別テイク、レアテイクが綺麗に並べられていて、聴きどころ満載。

5枚目『BBC Sessions』
ブートみたいな音質の曲もありますが概ね良好。インタビューが被ってたりするものもあります。
なんか完全版ではないようなのですが、満足はしています。
収録されてるのはこんな感じ。
1-4:1965年8月23日/BBC STUDIOS - SATURDAY CLUB
5-9:1966年1月14日/BBC STUDIOS - JOE LOSS POP SHOW
10-13:1966年3月14日/BBC STUDIOS - SATURDAY CLUB
14-17:1966年5月3日/BBC STUDIOS - SATURDAY CLUB
18-21:1966年8月3日/BBC STUDIOS - SATURDAY CLUB
目玉はなんといっても初登場音源である1966年1月16日放送のJoe Ross Pop Showでの4曲。
これまで発表されなかったのは恐らく音の悪さ。でも貴重。

やっぱり買って良かったです。最高。

The Decca Years 1965
The Decca Years 1965
Small Faces

関連商品
Faces: 1970-1975 You Can ake Me Dance, Sing Or Anything
ザ・ジャム - アバウト・ザ・ヤング・アイデア+ライヴ・アット・ロックパラスト 1980【初回生産限定盤Blu-ray(ドキュメンタリー)+DVD/CD(ライヴ)】
ザ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集)(完全生産限定盤)
Fire & Skill: the Jam Live
オデオン座の夜~ハマースミス1975(初回限定盤)(SDBlu-ray Disc付)
by G-Tools



『The Decca Years 1965 - 1967』

GREATEST HITS: WORLDWIDE SINGLES AS, BS & EPS
1. What'Cha Gonna Do About It
2. What's A Matter Baby
3. I’ve Got Mine
4. It's Too Late
5. Sha La La La Lee
6. Grow Your Own
7. Hey Girl
8. Almost Grown
9. All Or Nothing
10. Understanding
11. My Mind's Eye
12. I Can't Dance With You
13. I Can't Make It
14. Just Passing
15. Patterns
16. E Too D
17. Don't Stop What You're Doing
18. Come On Children
19. Shake
20. One Night Stand
21. You Need Loving

SMALL FACES
1. Shake
2. Come On Children
3. You Better Believe It
4. It's Too Late
5. One Night Stand
6. What'Cha Gonna Do About It
7. Sorry She's Mine
8. Own Up Time
9. You Need Loving
10. Don't Stop What You're Doing
11. E Too D
12. Sha La La La Lee

FROM THE BEGINNING
1. Runaway
2. My Mind's Eye
3. Yesterday, Today And Tomorrow
4. That Man
5. My Way Of Giving
6. Hey Girl
7. (Tell Me) Have You Ever Seen Me
8. Take This Hurt Off Me
9. All Or Nothing
10. Baby Don't You Do It
11. Plum Nellie
12. Sha La La La Lee
13. You've Really Got A Hold On Me
14. What'Cha Gonna Do About It

RARITIES & OUTTAKES
1. Come On Children (alternate version)
2. Shake (alternate version)
3. You Better Believe It (alternate version)
4. Own Up Time (alternate version)
5. E Too D (alternate version)
6. Don't Stop What You're Doing (alternate version)
7. What's A Matter Baby (alternate mix)
8. What'Cha Gonna Do About It (alternate version)
9. Sha La La La Lee (stereo version)
10. Runaway (alternate stereo mix)
11. That Man (alternate mix)
12. Yesterday, Today And Tomorrow (alternate mix)
13. Picanniny (backing track)
14. Hey Girl (alternate version)
15. Take This Hurt Off Me (different version)
16. Baby Don't You Do It (different version)
17. My Mind’s Eye (early version) (mono)
18. Talk To You (take 5 backing track)
19. All Our Yesterdays (take 7 backing track)
20. (Tell Me) Have You Ever Seen Me (alternate take 2)
21. Show Me The Way (take 3 backing track)
22. I Can't Make It (take 11 backing track)
23. Things Are Going To Get Better (take 14 session version)

BBC SESSIONS
*SATURDAY CLUB, AUGUST 23 1965
1. Interview with Steve Marriott
2. What’cha Gonna Do About It
3. Jump Back
4. Baby Don’t You Do It

*JOE LOSS POP SHOW, JANUARY 14 1966
5. Sha La La La Lee
6. What’cha Gonna Do About It
7. Comin' Home Baby
8. You Need Loving
9. Steve Marriot Pop Profile Interview

*SATURDAY CLUB, MARCH 14 1966
10. Shake
11. Interview with Steve Marriott
12. Sha La La La Lee
13. You Need Loving

*SATURDAY CLUB, MAY 3 1966
14. Interview with Steve Marriott
15. Hey Girl
16. E to D
17. One Night Stand

*SATURDAY CLUB, AUGUST 3 1966
18. You’d Better Believe It
19. Understanding
20. Interview with Steve Marriott
21. All Or Nothing

国内盤は10月23日発売。
デッカ・イヤーズ
デッカ・イヤーズ
スモール・フェイセス

関連商品
Faces: 1970-1975 You Can ake Me Dance, Sing Or Anything
ザ・ジャム - アバウト・ザ・ヤング・アイデア+ライヴ・アット・ロックパラスト 1980【初回生産限定盤Blu-ray(ドキュメンタリー)+DVD/CD(ライヴ)】
ザ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集)(完全生産限定盤)
Fire & Skill: the Jam Live
オデオン座の夜~ハマースミス1975(初回限定盤)(SDBlu-ray Disc付)
by G-Tools





Feedlyの購読登録ボタンです。このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!
少しずつですが登録数が増えてきました、ありがとうございます。登録していただくと、とても、とても励みになります!

follow us in feedly

ちょっと下のボタンも押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びのランク1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
Supernovaがリアルに買って良かったガジェット。
絶滅危惧種のシングルCDを保護しよう。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター - 音楽と本を軸に回る僕のライフ。
トラックワード
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。