スティーヴ・ウィンウッドさんのバンド、トラフィックのアルバムをまとめて3枚聴いてみました。初聴きです。

最近どメジャーではなく二列目に位置する人の記事が多い気がします。
スティーヴン・スティルスとかヴァン・モリソンとかね。
あ、ただモノを知らないワタクシが言ってるだけで、そんなことないと言う人も多いでしょうが、
目くじら立てず優しい目で見てくださいね。
なので夜中にこっそりと更新。ブログだから関係ないけどさ(笑)。

そんなわけで今回はスティーヴ・ウィンウッド。
いや、トラフィックです。

ウィンウッドは知名度は高いですけど、まさに二列目の代表的なアーティストではないでしょうか。
あ、最前列の人も好きですけど、二列目アーティストも大好きですから。
ただ10代の時に聴いてたら「つまんねー」って言ってただろーなー。

というわけでトラフィック。初聴きです。
聴く前に漠然とイメージしてたのは、野暮ったいブルース寄りのロック。

はい、ちょっと?違ってましたね。

まずは1967年発売の1st『Mr. Fantasy』
Mr Fantasy (UK Mono Version)
Mr Fantasy (UK Mono Version)
posted with amazlet at 14.02.26
Traffic
Island (2000-08-29)
売り上げランキング: 232,519

なんだろ、サージェントペパー風味のサイケデリック?
いや、サイケデリック風味のサージェントペパー?
はい、キライじゃないです、いや好きです。

続いて翌年リリースのバンド名を冠した2nd『Traffic』
Traffic
Traffic
posted with amazlet at 14.02.26
Traffic
Island (2001-02-27)
売り上げランキング: 30,511


デイヴ・メイスンと曲もヴォーカルも2人で分け合う双頭体制にも関わらず変なまとまりがあるアルバム。
彼らの代表作でしょう。曲も演奏も素晴らしい。
サイケデリック感は薄まり、「変さ」も減退。つまり真っ当なロックアルバム。
何でも出来ちゃうウインウッドさん(二列目アーティストに多い)のやりたいことがこれだったという感じでしょうか?
はみ出していない中での、独創的な音楽。

そしてラストが3rdアルバム『John Barleycorn Must Die』
John Barleycorn Must Die
John Barleycorn Must Die
posted with amazlet at 14.02.26
Traffic
Island (2001-02-27)
売り上げランキング: 170,461

セカンドとサードの間にブラインド・フェイス挟んじゃってるんですよね。
大人の雰囲気の3枚目。これを成熟と見るか、つまんなくなったと見るか、微妙なところ。
ワタクシは成熟していい味出したと捉えます。
完成度がえらく高い、大人のロックです。
ジョン・バーリーコーン (John Barleycorn) はイングランドの民謡で、人の名前(というかビールやウィスキーが擬人化されたもの)だったんですね。
マスト・ダイなんだからそりゃそうか。

この後アルバム3枚発表し解散。
スティーヴ・ウィンウッドはソロミュージシャンとしてのキャリアを築いていくわけですね。

今回の3枚で感じたのは、
黒さがよく取り上げられるけど、ロックを前進させた人なのかもしれないということ。
他の方のブログで読んで腑に落ちたのだけれど、
彼はクラプトンとバンドをしたり、ジミとセッションしたり、
そういう意味では前に取り上げたスティーヴン・スティルスと似ている。
何でも出来ちゃうと言う点でも。

ロックと他の要素の架け橋としてジミやクラプトンも彼を必要としたんじゃないかという気がします。

そしてワタクシの好きなアーティストでいうと、実は遺伝子はポールウェラーに継がれている気がします。
これも他のブログで気づかされてはっとしたのですが(笑)。

トラフィックもウィンウッドさんもまだ全然追いきれてないので、
機会があれば聴いていきたいと思います。

最前線のロックジャイアンツ達の音楽に少し飽きた時や、
少し他とは違うロックを聴きたい、けど外したくない人にオススメ!

褒めてるんですからね!

ヘヴン・イズ・イン・ユア・マインド+4(紙ジャケット仕様)
ヘヴン・イズ・イン・ユア・マインド+4(紙ジャケット仕様)トラフィック

USMジャパン 2008-09-24
売り上げランキング : 92627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Welcome to the Canteen Mr Fantasy Live at the Cellar Door Low Spark of High Heeled Boys Eight Gigs a Week


Feedlyに登録するボタンを設定してみました。
follow us in feedly

ちょっと下のボタンも押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びのランク1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そんなことない!

Supernova様

こんばんは

そんなことない!スティルスもモリスンもメジャーですよ!

いかんいかん。
目くじら立てず優しい目で見守らなければ・・・。

トラフィック物語的には
2ndでメイスンがアメリカへ行ってしまうので
サードからはウィンウッドの独裁政権になります。

仰るとおり、ファースト、セカンドのサイケデリック感は魅力的ですが
その後の民族音楽が入ったブルース・ロックも魅力的。

つまりは全部・・・、いや後ろの方は要らないか?
ほどほどに集めていいグループだと思います。

最後に完全に宣伝ですが
本日、ストーンズ・クロスワードを当ブログで更新するので
気が向いたら遊んでください。

Re: そんなことない!

すいません!ストーンズやディランなどの超級アーティストと比べてってことです!
興味のない世の中の人でも名前は知ってるってアーティストと比べてってことです!

トラフィックは誰に聞いても後半のアルバムは・・・ってなるので逆に興味が湧いてきました(笑)。

ストーンズクロスワード楽しみにしてます!遊びに行きます!!
FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
Supernovaがリアルに買って良かったガジェット。
絶滅危惧種のシングルCDを保護しよう。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター - 音楽と本を軸に回る僕のライフ。
トラックワード
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。