うまく言えないけど。世間のハイレゾ、高音質ブームに物申す(ウソ)。Blu-ray Audioについてです。

以下、オーディオマニアや音質にこだわりのある方はお読みにならないで下さい。
ただの「音楽」好きの戯言です。

最近は何やら高音質ブームで、DVDオーディオやSACDなどから始まり、
謎のSHM-CDやら、Blu-spec CDやら、多くのフォーマットで発売されています。

さらにはハイレゾなどというシロモノまで登場し、巷を賑わせています。
(ちなみにハイレゾとは「High(高い) Resolution(解像度)」のことだそう。
ハイレゾ音源は「High Resolutionな音源」で「高解像度の音楽データ」のこと。
音楽CDの情報量の約3倍~6倍ほどあるらしい)

で、ハイレゾの定義も調べてみたんですけど、決まりはないみたいで、数値としてはこんな感じみたいです。

ハイレゾでない
44.1kHz/16bit CDレベル
48kHz/16bit DVDレベル
48kHz/24bit 音楽DVD、映画ブルーレイレベル

ハイレゾ
96kHz/24bit 音楽BDレベル 
192kHz/24bit 今のところの最高レベルの音質

ヘルツとかビットとか良くわからんけど(笑)、要するに数値が高ければ高いほど、
情報量も多く高音質というわけですね。

と、書きながらもそんなに良くわかっていないわけですが。
そもそもホントにみんな聴き分けられるのかって思うのですが。
ワタクシの貧相な耳とオーディオでは、わからないと思うんですよね。

で、今日はそんななか登場してるBlu-ray Audioについてです。
ブルーレイオーディオとは、
ブルーレイディスクに音源を記録したもので、
ブルーレイディスクが持つ記憶容量のほぼ全てを「音」のために使用しているため、
マスター音源のクオリティを手軽に楽しむことが可能になったフォーマットです。

ということで、上の表でいう
最高音質の音源ということです。
しかもダウンロードなどのデータではなく、ディスクで手に入るという点がポイント高いかと。
ソニーさんはダウンロード推しですものね。

しかも、SACDのように対応専用プレーヤーを 必要とせず、
現行のブルーレイの規格のまま、ブルーレイプレーヤーかレコーダーがあれば、
それだけで超高音質の音楽を聴けるわけです。
まぁ、SACDよりかは普及の可能性もあるのかな。

で、いつもならそんなに興味を持たなかったんですけど、レコードショップでたまたま発見してしまったものがありまして、それがコレです。

ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』のBlu-ray Audio!
昨年末にひっそり発売されてました。しかも国内仕様で。
このアルバムにハイレゾ音質が合うか合わないかは置いておいて、とりあえず聴いてみたい!!
という気持ちが沸き上がってきました。
ただ収録音源は96Khz/24bitみたいなので、現状の最高音質ではないみたいですが。
ネヴァーマインド
ネヴァーマインドニルヴァーナ

ハピネット 2013-12-24
売り上げランキング : 137869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、調べたらそれなりに欲しくなるアイテムがBlu-ray Audioでリリースされてますね。

まずは、なんと「イン・ユーテロ」もBlu-ray Audio化されてました!
輸入盤。
In Utero
In UteroNirvana ニルバーナ

2013-09-22
売り上げランキング : 82956


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


復活ツェッペリンのライヴ。これも輸入盤。
Celebration Day [BLU-RAY AUDIO]
Celebration Day [BLU-RAY AUDIO]Led Zeppelin

Atlantic 2012-11-20
売り上げランキング : 43156


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ストーンズの「ならず者」これは国内仕様。
メイン・ストリートのならず者
メイン・ストリートのならず者ザ・ローリング・ストーンズ

ハピネット 2013-12-24
売り上げランキング : 261069


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というか、前に買ったヴァン・モリソンの『ムーンダンス』の豪華盤にも収録されてるし、
何よりザ・フーの『トミー』のスーパー・デラックス・エディションにも入ってるじゃん!!

で、気づいたのは、ほぼスーパー・デラックス・エディションなどの豪華盤が発売されたものということ。
豪華盤を出す際にリマスターし、そのついでにブルーレイオーディオといった感じでしょうか。
なんか、ついでみたいですけど、都合が良いのでしょうね。

これなんかも最近スーパー・デラックス・エディション化されたばかりですし。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド『White Light/White Heat』
White Light/White Heat (Blu-Ray Audio)
White Light/White Heat (Blu-Ray Audio)The Velvet Underground

Polydor 2014-01-28
売り上げランキング : 50418


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはデラックス・エディション化はされてないですけど、リマスターはされましたね。
Image
Image <Blue-Ray Disc/Audio Only>John Lennon

Apple 2013-12-26
売り上げランキング : 3619


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ということで、結構ありますね。
ただスーパー・デラックス・エディションなどのほうに食指は動くので、フーみたいにその中に組み込んでくれるのが一番嬉しいかもしれないですね。



長くなってしまいましたが、最後にさらなる妄言を。

安価なCDセットが多く発売される一方、何とか付加価値をつけて生き残りに必死なレコード会社は、
今後も高音質を謳った音源で、大人から金を搾り取ろうと企んでいるのでしょう。

今後もコストを削るに削ったものが世に出され、もう一方では高音質を謳ったものが世に出て行くのでしょう。
この流れは変わらないし、音楽格差?は広がっていくのだろうと思う。

個人的には、
自分の好きな音、音楽が、安売りされるよりは、(ほとんど意味がなくても)高音質で聴きたいとは思う。

けど、正直そこじゃないんだよな、とも思う。

魂が入っているかどうかだろ、って。

アーティストが命を削るようにして作り上げた作品を包むパッケージだって、
魂込めた仕事をしろよって思う。ただ、商売って考えてやってももうムダだと思う。

音質じゃないんだ。
「思い」は音質に勝つと思う。
オリジナル盤のレコードがもてはやされるのは、
音質よりも「思い」の強さによるんじゃないのかとも思います。

だって、高音質盤より、リマスター盤より、最初に買ったレコードやCDのほうが大切だったりするもの。
もちろん高音質で聴きたいし、リマスター盤も買うよ(笑)。
でも、最初に出会って、気に入って、ずっと愛聴してきた盤に敵うものは無い気がするんだよね。

だから、リマスター盤などがでても、本当に好きな作品はもとのCDやレコード売ったり捨てたりできないもの。
「音」じゃなくて、その時々、個人の「思い」が乗っかってるんだよね。

なんてことを考えさせられるBlu-ray Audioとの出会いでした。

えっと、そもそも我が家のショボイオーディオ環境を改善したいです(笑)。

以上「音楽」好きのタワゴトでした。


Feedlyに登録するボタンを設定してみました。今年はもっともっと多くの人に見てもらいたい(貪欲!)
follow us in feedly

ちょっと下のボタンも押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びのランク1位!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
Supernovaがリアルに買って良かったガジェット。
絶滅危惧種のシングルCDを保護しよう。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター - 音楽と本を軸に回る僕のライフ。
トラックワード
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。