プリンスのアレが届かないので。

一向に『SIGN "O" THE TIMES: Super Deluxe Edition』LPボックスが届かなくて(10月アタマ?)とてもやきもきしてるわけですが、待つしかないですね。来週には来るのだろうか。
ちょっとこのままキャンセルとかありそうで怖いですが。
Sign O' the.. -Deluxe- [Analog]
Sign O' the.. -Deluxe- [Analog]
posted with AmaQuick at 2020.10.04
Prince(アーティスト)
Warner Records (2020-10-06T00:00:01Z)
5つ星のうち4.4
¥39,524


なので自分をなぐさめるためにプリンスの他のアルバムを聴いています。
まずは、
ふだんあまり聴くことのないベストアルバムを二枚。

The Hits & B-Side Collection / ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション
ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション
プリンス(アーティスト)
ダブリューイーエー・ジャパン (1993-09-24T15:00:00.000Z)
5つ星のうち4.1
¥2,980 (コレクター商品)

93年リリース。改名前のベスト、CD三枚組。
アナログ盤て出てるのかな?
これ、コンパクトにプリンスの良さが出ていて、楽しめます。プリンス初心者に勧める盤としては最適なのかも。
音は少しベタっとしていて野暮ったい印象なんですが、だいたいリマスター済んでるので、このアルバムもリイシューしても良いんじゃないでしょうか。さらに3枚目がBサイドコレクションなので、私のようなライトユーザーには便利です。玉石混淆具合がたまらないですね。他にもBサイド曲はいっぱいあると思うので、これもいっそのことBサイドコンプリートコレクションとしてリリースし直しませんかね?

ディスク3の収録曲です。
1. Hello
2. 200 Balloons
3. Escape
4. Gotta Stop
5. Horny Toad
6. Feel U Up
7. Girl
8. I Love U In Me
9. Erotic City
10. Shockadelica
11. Irresistable Bitch
12. Scarlet Pussy
13. "La, La, La, He, He, Hee"
14. She's Always In My Hair
15. 17 Days
16. How Come U Don't Call Me Anymore
17. Another Lonely Christmas
18. God
19. 4 The Tears In Your Eyes
20. Power Fantastic

01年にリマスターされた音源で構成された『The Very Best Of Prince / ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス)』が出てますが、プリンスのベストといえばやはりこれを思い浮かべる人が多いと思います。
ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス
プリンス(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン (2001-09-26)
5つ星のうち4.7
¥803 (中古品)


Ultimate / アルティメイト・ベスト
アルティメイト・ベスト
プリンス(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン (2006-08-22T15:00:00.000Z)
5つ星のうち4.7
¥3,281

2006年リリースのベスト。
こちらは2枚組で、CD1は上記ベストとあんまり代わり映えはしません。
が、こちらは新しめなせいか上記アルバムより音が良い気がします。
注目はディスク2で、リミックス&12インチ・ヴァージョン等収録、初CD化の音源です。

ディスク2の収録曲。
1.Let’s Go Crazy (Special Dance Mix) (7:36)
2.Little Red Corvette (Dance Remix) (8:22)
3.Let’s Work (Dance Remix) (8:02)
4.Pop Life (Fresh Dance Mix) (6:18)
5.She’s Always In My Hair (12″ Version) (6:31)
6.Raspberry Beret (12″ Version) (6:34)
7.Kiss (Extended Version) (7:16)
8.U Got The Look (Long Look) (6:40)
9.Hot Thing (Extended Remix) (8:30)
10.Thieves In The Temple (Remix) (8:08)
11.Cream (N.P.G. Mix) (4:50)



最近こちらのコンピ盤もリリースされました。
『ヒズ・マジェスティズ・ポップ・ライフ~ザ・パープル・ミックス・クラブ』
ヒズ・マジェスティズ・ポップ・ライフ~ザ・パープル・ミックス・クラブ
プリンス(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン (2020-07-08T00:00:01Z)
5つ星のうち4.8
¥2,439 (中古品)

プリンスのリミックスは他人にやらせるのではなくプリンス自身が手掛けていて、
聴くべき曲も多いと思います。
やっぱりコンプリートリミックスや12inch盤完全版のリリースをお願いしたいなぁ。


ちなみに、これ今では結構忘れがちなんですけど『BATMAN』の曲がどちらも抜け落ちているんですよね。最新の『4EVER / フォーエヴァー』には「Batdance」が収録されていますが、そうするとあれがないこれがないが出てきて、多くの優れた曲を生み出したアーティストの宿命ともいえますが、すべての人が納得できる「完璧なベストアルバム」なんてものは作れないわけですね。というかガチ勢は普通にアルバムごとに聴いていけばよいわけですからね。
4EVER
4EVER
posted with AmaQuick at 2020.10.04
プリンス(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン (2016-11-24)
5つ星のうち4.4
¥2,796



いろいろ聴いているうちに、結局は早く届いて欲しい!!という気持ちが増幅するだけになってしまいました。
はやく届きますよーに。

結局CDの方を買うってことになったりして・・・。
サイン・オブ・ザ・タイムズ:スーパー・デラックス・エディション
プリンス(アーティスト)
ワーナーミュージック・ジャパン (2020-09-25T00:00:01Z)
5つ星のうち3.8
¥28,800 (中古品)






Feedlyの購読登録ボタンです。復活しました!
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow

「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ステイプル・シンガーズのカートム、ワーナー期のアルバムがリマスター再発。

久々の新譜紹介。

ザ・ステイプル・シンガーズ (The Staple Singers) です。
アメリカのゴスペル/ソウルのレジェンド・グループと言って良いでしょう。

メイヴィス・ステイプルズから入った身なので、初心者も初心者なので、優しく見守ってください。

Omnivore Recordingsから、ステイプル・シンガーズのアルバム4作がリマスター再発されました。
ひっそりと。
まさにひっそりとがぴったりで、私もOmnivore Recordingsのサイトを覗いてはじめて知ったくらいです。

カートム(Curtom)期とワーナー(Warner)期の4枚です。
(※そんなに詳しいわけではないので、勉強しながら書いてます)

ステイプル・シンガーズは75年、スタックスの倒産により、カートムへ移籍。
カートムはカーティス・メイフィールドのレーベルで、そこで1枚アルバムをリリース。

その後ワーナー・ブラザースに移籍し、計3枚のアルバムをリリース。

今回のリイシューはこの時代の4枚です。

まずはカートム期。
カートムからのアルバムは、シドニー・ポワチエの監督第2作目『一発大逆転』のサウンドトラックです。
『Let’s Do It Again: Original Sound Track』
カーティス・メイフィールドがプロデュース、ソングライティングも手掛けています。
リマスターされボーナストラックも追加されています。
Let's Do It Again (Original Soundtrack)
The Staple Singers(アーティスト)
Omnivore Recordings (2020-06-26T00:00:01Z)

¥1,816



映画も観たことないので、今度観てみます。
シドニー・ポワチエ/一発大逆転 [DVD]
シドニー・ポワチエ(出演), ビル・コスビー(出演), カルヴィン・ロックハート(出演), ジョン・エイモス(出演), シドニー・ポワチエ(監督), ティモシー・マーチ(原著), リチャード・ウェスリー(脚本), シドニー・ポワチエ(Unknown)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006-08-04T00:00:01Z)
5つ星のうち4.0
¥924 (中古品)


続いてワーナー期。
ワーナー期の彼らは、「ザ・ステイプル・シンガーズ」という名を「ザ・ステイプルズ」にして活動。
1976年作『PASS IT ON』は前作に続きカーティス・メイフィールドのプロデュース作。
Pass It On
Pass It On
posted with AmaQuick at 2020.06.27
The Staples(アーティスト)
Omnivore Recordings (2020-06-05T00:00:01Z)

¥2,186 (中古品)


翌年1977年のアルバム『FAMILY TREE』
プロデューサーは、ザ・シャイ・ライツの中心メンバーだったユージン・レコード。
オリヴィア・ニュートン・ジョン1974年の全米No.1ヒットをカヴァーした「I Honestly Love You」を収録。
Family Tree
Family Tree
posted with AmaQuick at 2020.06.27
The Staples(アーティスト)
Omnivore Recordings (2020-06-26T00:00:01Z)

¥1,695



『Unlock Your Mind』
1978年作。ジェリー・ウェクスラーとマッスル・ショールズの名キーボード・プレイヤー、バリー・ベケットをプロデューサーに迎えて制作。ギターでエディ・ヒントンが参加してます。
Unlock Your Mind
Unlock Your Mind
posted with AmaQuick at 2020.06.27
The Staples(アーティスト)
Omnivore Recordings (2020-06-26T00:00:01Z)
5つ星のうち5.0
¥1,678


長いキャリアを誇るグループですから、少しづつ聴いていきたいと思います!!




Feedlyの購読登録ボタンです。復活しました!
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow

音楽ブログランキング1位目指して奮闘中!清き一票1クリックを!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

#最近聴いた1枚 マーヴィン・ゲイ『The Master 1961-1984』

マーヴィン・ゲイは全然詳しくなくてですね、代表的なアルバムのいくつかは持ってますが、語れるほどの知識は持ってないです。

しかし、なぜかこのボックスは持ってまして、改めて聴いてみようと今回引っ張りだしました。

『The Master 1961-1984』というタイトルなんですが、日本盤は『マスター・オブ・ソウル』ってなってます。
1961-1984
1961-1984
posted with AmaQuick at 2020.05.24
Marvin Gaye(アーティスト)
Edel (2006-09-14T00:00:01Z)
5つ星のうち4.8
¥4,317


もともとは95年にリリースされたCD4枚組のセットなんですけど、2004年にジャケや形式が変わって再発(リマスターの有無は不明)。ちなみに95年版はコレ。ジャケがちょっと・・。『ザ・マスター』を尊師とか訳したくなります・・。
Master 1961-1984
Master 1961-1984
posted with AmaQuick at 2020.05.24
Gaye, Marvin(アーティスト)
Motown (1995-04-25T00:00:01Z)
5つ星のうち4.5
¥25,202


マーヴィン・ゲイ23年のキャリアを総括した内容になってます。
といいつつ情報が少なくて、英文ウィキペディア頼みなんですが。
未発表曲、未発表バージョンも収録されています。

結論。
決して短くはないキャリアをCD4枚で追うのは無理がありました。
けど、より深く知りたいと思わせるには十分な内容だったので満足度は高いです。

どっちかというとマニア向けのアイテムなのかなぁ。

ボックス後半(キャリア終盤)はファンキーな感じでプリンスに近いものを感じます。繋がってるのだなぁ。
NBAオールスターゲームでのアメリカ国歌「Star-Spangled Banner」が収録されていて、You Tubeで映像も見れるんですけど、これが物凄い独特のアレンジ、歌唱で一聴しただけではアメリカ国家って気づかないほどです。これが生前最後の人前での歌唱らしいんですけど、不幸な出来事がなければ、もしかしたらこんな感じの次作になったのではと予見させます。

マーヴィン・ゲイ、あまりにも有名なアーティストなんですけど、聴けば聴くほどその歌声に魅了されます。
甘いバラードが真骨頂かと思いきや、曲によってはプリンスもビックリのファンキーなナンバーを見事に歌いこなしてるし、底が知れない。

また、バックの演奏もさすがモータウン。
いつ聴いても時代を超越して素晴らしい音だと思います。モータウンのサウンドも掘り下げて研究してみたいです。


というわけで、何を今更のレジェンド、マーヴィン・ゲイのボックスを聴いて満足でしたという文章でした。

このアルバムは聴いとけ、などのオススメやコメントありましたら、是非ツイッターやコメント欄にお願いします。

THEMASTER1961-1984(HARDCOVERBOOK)
Gaye, Marvin(アーティスト)
universal music (2007-10-29T15:00:00.000Z)
5つ星のうち4.5
¥6,490







Feedlyの購読登録ボタンです。復活しました!
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow



「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。