#最近聴いた1枚 マーヴィン・ゲイ『The Master 1961-1984』

マーヴィン・ゲイは全然詳しくなくてですね、代表的なアルバムのいくつかは持ってますが、語れるほどの知識は持ってないです。

しかし、なぜかこのボックスは持ってまして、改めて聴いてみようと今回引っ張りだしました。

『The Master 1961-1984』というタイトルなんですが、日本盤は『マスター・オブ・ソウル』ってなってます。
1961-1984
1961-1984
posted with AmaQuick at 2020.05.24
Marvin Gaye(アーティスト)
Edel (2006-09-14T00:00:01Z)
5つ星のうち4.8
¥4,317


もともとは95年にリリースされたCD4枚組のセットなんですけど、2004年にジャケや形式が変わって再発(リマスターの有無は不明)。ちなみに95年版はコレ。ジャケがちょっと・・。『ザ・マスター』を尊師とか訳したくなります・・。
Master 1961-1984
Master 1961-1984
posted with AmaQuick at 2020.05.24
Gaye, Marvin(アーティスト)
Motown (1995-04-25T00:00:01Z)
5つ星のうち4.5
¥25,202


マーヴィン・ゲイ23年のキャリアを総括した内容になってます。
といいつつ情報が少なくて、英文ウィキペディア頼みなんですが。
未発表曲、未発表バージョンも収録されています。

結論。
決して短くはないキャリアをCD4枚で追うのは無理がありました。
けど、より深く知りたいと思わせるには十分な内容だったので満足度は高いです。

どっちかというとマニア向けのアイテムなのかなぁ。

ボックス後半(キャリア終盤)はファンキーな感じでプリンスに近いものを感じます。繋がってるのだなぁ。
NBAオールスターゲームでのアメリカ国歌「Star-Spangled Banner」が収録されていて、You Tubeで映像も見れるんですけど、これが物凄い独特のアレンジ、歌唱で一聴しただけではアメリカ国家って気づかないほどです。これが生前最後の人前での歌唱らしいんですけど、不幸な出来事がなければ、もしかしたらこんな感じの次作になったのではと予見させます。

マーヴィン・ゲイ、あまりにも有名なアーティストなんですけど、聴けば聴くほどその歌声に魅了されます。
甘いバラードが真骨頂かと思いきや、曲によってはプリンスもビックリのファンキーなナンバーを見事に歌いこなしてるし、底が知れない。

また、バックの演奏もさすがモータウン。
いつ聴いても時代を超越して素晴らしい音だと思います。モータウンのサウンドも掘り下げて研究してみたいです。


というわけで、何を今更のレジェンド、マーヴィン・ゲイのボックスを聴いて満足でしたという文章でした。

このアルバムは聴いとけ、などのオススメやコメントありましたら、是非ツイッターやコメント欄にお願いします。

THEMASTER1961-1984(HARDCOVERBOOK)
Gaye, Marvin(アーティスト)
universal music (2007-10-29T15:00:00.000Z)
5つ星のうち4.5
¥6,490







Feedlyの購読登録ボタンです。復活しました!
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow



「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

#最近聴いた1枚 ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス『Anthology』

少し前にダイアナ・ロスを取りあげましたが、今回は彼女がソロになる前に所属していたスプリームスです。

ネットで色々調べたんですが、あまり情報がなくて、日本語サイトで一番詳しいのはウィキペディアなんじゃないかってレベルです。レジェンドクラスのアーティストだと思うのですが、日本では人気ないんでしょうか?それとも私の調べ方が悪いのかしら?
それにしても昨今の検索結果は商品サイトとしょーもないまとめサイトばかりが上位に来て、ほんとアカンですね。「ググれカス」すら言えないですよね、これじゃ。

そもそもスプリームスなのかシュプリームスなのか。シュープリームスはない?
昔はシュプリームスって言ってた気がしないでもないですけど、日本語表記はほんと難しいですね。
以下はスプリームスでいきます。

ザ・スプリームス(The Supremes)は、アメリカの黒人女性ボーカル・グループ。デトロイトで1959年結成、1977年解散。その後は紆余曲折ありながら再結成したりなんだりがあります。ただ、全盛期は1964年から1969年まで。特にダイアナ・ロスが在籍していた時期といって良いでしょう。

彼女たちはモータウンの社長ベリー・ゴーディ・ジュニアの強力なプッシュを受け、ホーランド=ドジャー=ホーランドの作曲・プロデュースの下でヒットを連発しました。
1964年6月発売の「Where Did Our Love Go(愛はどこへ行ったの)」が、初の全米1位となったのを皮切りに、シングルが5作連続全米No.1を記録、一躍人気グループとなります。
1969年のダイアナ・ロス脱退まで、合計12作の全米No.1ヒットを生み出し、アメリカで最も成功した女性ボーカルグループって言って良いでしょう。時期的にはビートルズなんかと争ってたってことになりますね。
 
60年代の代表的なヒット曲には「BabyLove 」(1964)、「Stop! In the Name of Love」 (1965)、「You Can't Hurry Love(恋はあせらず)」 (1966) 、「You Keep Me Hangin' On」 (1966)、「Love Child」 (1968)などがある。

タイトルを知らずとも聴いたら絶対知ってる曲がいくつかあると思います。
今聴いてもキャッチーでキュートでポップです。おっさんが言っても説得力なさそうな言葉がならんでますが。
そしてモータウンサウンドバリバリですから、今でもしっかりと聴けるんだと思います。
レジェンド級のアーティストですからコンピレーションも沢山出ています。
そんな中私が聴いたのは、1986年バージョンのアンソロジー、

Diana Ross & the Supremes 『Anthology』 です。
ダイアナ・ロス&スプリ-ムス・アンソロジー
ダイアナ・ロス&シュープリームス(アーティスト)
ユニバーサル インターナショナル (2007-01-16)
5つ星のうち4.0
¥3,362


ヒット曲はほとんど網羅されてると思います。ダイアナ脱退後の曲もほんの少し入ってる模様。
スティーヴィー・ワンダー作の「Bad weather」なんかそうですよね。この曲メッチャ良いんですが。

ちょっと思いの外良かったので、アルバムも追いかけてみたい気がしています。
もしオススメアルバムなどありましたら、ぜひツイッターやコメントで教えてくださいまし。


ダイアナ・ロス&スプリ-ムス・アンソロジー
ダイアナ・ロス&シュープリームス(アーティスト)
ユニバーサル インターナショナル (2007-01-16)
5つ星のうち4.0
¥3,362








Feedlyの購読登録ボタンです。復活しました!
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow



「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

#最近聴いた1枚 #CD聴こうぜ クレイグ・デイヴィッド『GREATEST HITS』

このブログ史上最高に、縁遠い音楽かも。
クレイグ・デイヴィッドです。
2000年代から現在も活躍中の、イギリスのアーティストです。
ジャンルはR&Bでいいのかな?

今回聴いた1枚は2008年に発売されたベスト・アルバム『GREATEST HITS』です。
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ
posted with amachazl at 2020.04.02
クレイグ・デイヴィッド, BONNIE PINK, スティング, ティンチィ・ストライダー
Warner Music Japan =music= (2008-11-26)
売り上げランキング: 114,179


聴いた理由は一択で、ボニー・ピンクさんが参加してたから。
日本国内盤収録のスペシャル・ボーナス・トラックのコラボ曲「ALL THE WAY」です。
多分日本のレコード会社の策略でしょうけど、それにまんまと乗っかった形です。大分遅いですけどね。

いわゆるヒット曲の焼き直しで、各国のアーティストとコラボするっていう、いわゆる企画ものなんですけど、面白い取り組みだし、グローバルな展開するアーティストとしてはアリな戦略ですよね。

英詞でも歌えるボニーピンクさんが、日本語も入れてコラボしてることを意気に感じましたね。


また、BONNIE PINK×Craig David名義で、「Fed Up feat. Craig David」という楽曲も後にリリース、
彼女のアルバム『ONE』に収録されています。
ONE(DVD付き限定盤)
ONE(DVD付き限定盤)
posted with amachazl at 2020.04.02
BONNIE PINK, Craig David
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-05-13)
売り上げランキング: 121,876




さて、聴くとなったら真面目に聴くワタクシ、『グレイテスト・ヒッツ』大真面目に聴きました。
そうしましたらロック寄りの楽曲もいくつか収録されてまして、思わぬ儲けものとなりました。
その一つが「ライズ&フォール」
スティングとコラボしとるんすわ。
しかも楽曲はスティングが’93年に書いた「シェイプ・オブ・マイ・ハート」をサンプリングていうもの。
さらにもう一曲が、「ホット・スタッフ」
こちらはなんとデヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」サンプリングしています。

どちらもロック好きがニヤッとする楽曲になっています。

やっぱり聴かず嫌いはもったいないですし、今回みたいな思わぬ発見もありますから、
いろんな音楽に手を出したいですね。
そして好きなアーティストがきっかけとなるのはとても健全ですから、いろいろなアーティストにジャンルや国境を超えたコラボレーションをやってもらいたいです。

皆様も意外なアーティスト同士のコラボ、これもあるよっていうのがありましたら、
コメント欄やツイッターで教えて下さい!!

グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ
posted with amachazl at 2020.04.02
クレイグ・デイヴィッド, BONNIE PINK, スティング, ティンチィ・ストライダー
Warner Music Japan =music= (2008-11-26)
売り上げランキング: 114,179



FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。