レディオヘッド『OKコンピューター』の20周年記念盤について書いてみる。

レディオヘッド『OKコンピューター』の20周年記念盤『OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017』がリリースされたので、
『OKコンピューター』について書いてみます。
けどきっとうまく書けない。昔も今もたぶんこの先も。



90年代のロック名盤てやつは数多くあると思う。英国ではブリットポップがあったし、
米国ではグランジ、オルタナティブ旋風が吹き荒れた。そこからモンスターアルバムがいくつも生まれた。
それはオアシスの『モーニング・グローリーだったりニルヴァーナの『ネヴァーマインド』だったり。

自分自身もリアルタイムで経験し、そのバンドなりアーティストが良くも悪くも巨大化していくのを見てきた。

そこに『OKコンピューター』が現れた。1997年のこと。
聴いたときからモンスターアルバムだと思った。
ただそれは売れたからではなく、得体のしれなさからくるモンスター感だった。

いまでこそレディオヘッドはロックの範疇では語りきれないバンドになったしそう認識されている。
けれどこのアルバムの発売当時はそうではなかった。
もちろんヘンなバンドだったけれど(笑)、一つ前のアルバムはギターロックのマナーに則った『ザ・ベンズ』だったわけで。
進化とも深化ともいえる変貌を遂げて現れたそれはもう衝撃だった。
いや、それはシングルの「パラノイド・アンドロイド」を聴いた瞬間からだった。
このへんの記憶はもはや曖昧なんだけれど、それでも衝撃的には違いなかった。

わけがわからないけど、繰り返し聴かずにはいられない。
そもそも曲が良い(凡百のフォロワーと全く異なるのがこの点だったりする)のもあるんですが。

このアルバム以前と以後でロックの立ち位置は変わってしまった気がする。それほどこのアルバムの存在は異質でいて際立っていた。
ロックなんてゴミ音楽といってた人たちのアルバムがロックの歴史を塗り替えちゃうんだから、そのこと自体がロックンロールだと思う。

そんなアルバムが発売から20年ということで記念盤が出た。
なんだか良くわからないデラックス盤はスルーし、アナログレコードを購入。



当時はCD全盛期だったので、実は初アナログ盤だったりする。リイシュー盤も持ってなかった。
ただ、あまりに馴染んでいるせいもあるけど、このアルバムはCDが似合ってる気がします。
どこか血が通ってないというか、冷たい感じがまさに。でも今回はアナログ盤です。
ダウンロードコードも付いていました。

譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・2017-11-05 (2)_4

限定仕様のブルーヴァイナル。
譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・2017-11-05 (2)_5

裏ジャケ。
譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・2017-11-05 (2)_6

ダブルジャケならぬトリプルジャケ。わかりずらいですが、1枚づつ収めるところがあるわけです。
譁ー隕上ラ繧ュ繝・繝。繝ウ繝・2017-11-05 (2)_7

アルバム丸ごと通して聴くのは久し振りだ。
リマスターされた音源は当時より重たく感じられる。気のせいかもしれない。
一時期は脳内再生できるくらい聴きまくったアルバム。懐かしさは込み上げてこない。
それはこのアルバムが自分にとっては「過去」ではないからかもしれない。
当時にタイムスリップするとかではない。今でもこのアルバムは自分と対峙して存在している。

サイケデリックは言わばあちらの世界へ行ってしまった、もしくは行こうとしているものだと思う。
このアルバムは現実世界を鳴らしていない。かといってあちら側にも行っていない。
その狭間にたゆたっている音の気がします。

どこにもない、何にも似ていない、誰も真似できない、そしてこの時のレディオヘッドにしか出せない音。
20年経ってもその異質さ、圧倒的な世界観は変わってなかったです。

トラックリストの13曲目「 I Promise」以降はレアトラック集。
まさか「Lift」が公式音源として聴けるとは。長生きはするものです。
ベンズ期の楽曲に近い雰囲気のものだったりも多いですが、どれもアルバムの楽曲と遜色ないクオリティです。
当時からシングルに収められたBサイド曲も凄かったですから。

度々このブログでも書いている気がするが、現在のレディオヘッドはそれほど熱心に追いかけていない。
アルバムが出る度きちんと聴きはするけど。

未だに僕は夢見る、ロックの文脈を使ってレディオヘッドが『OKコンピューター』の次の世界を創造するのを。
それはきっと、もう叶わないことなのだろうけれど。

長文なのにわけがわからなくてスミマセン。思い入れが強すぎると、こうなりがちですね、気をつけます。


OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (Amazon.co.jp限定ステッカー付)(XLCDJP868)
OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (Amazon.co.jp限定ステッカー付)(XLCDJP868)RADIOHEAD レディオヘッド

Beat Records / XL Recordings 2017-06-22
売り上げランキング : 4999

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The Bends [国内盤 / 解説・歌詞対訳付] (XLCDJP780) Kid A [国内盤 / 解説・日本語歌詞付] (XLCDJP782) Pablo Honey [国内盤 / 解説・歌詞対訳付] (XLCDJP779) カラーズ イン・レインボウズ A Moon Shaped Pool [国内仕様盤 / 解説・日本語歌詞付] (XLCDJP790) エヴリシング・ナウ Amnesiac [国内盤 / 解説・日本語歌詞付] (XLCDJP783) The King of Limbs Mellow Waves



Radiohead 『OK Computer OkNotOk 1997 2017』
180g 3LP

1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For A Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up The Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. The Tourist
13. I Promise
14. Man Of War
15. Lift
16. Lull
17. Meeting In The Aisle
18. Melatonin
19. A Reminder
20. Polyethylene (Parts 1 & 2)
21. Pearly
22. Palo Alto
23. How I Made My Millions

Feedlyの購読登録ボタンです。このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!

follow us in feedly

ちょっと下のボタンも押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村



FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。