読んだ本。エルヴィス・コステロ『エルヴィス・コステロ自伝』

全776ページ。超大ヴォリューム。

エルヴィス・コステロ自伝(原題:『Unfaithful Music & Disappearing Ink』)です。
エルヴィス・コステロ自伝

エルヴィス・コステロ/夏目 大 亜紀書房 2020年12月23日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ


ツイッターでも呟きましたが、コステロの音楽とともに読み進めて、一週間かけて読みつくしました。
ほんとに、お腹いっぱいです。

ピーター・バラカンさんが帯の推薦文で書いているように、これは散文大作です。
どういうことかというと、コステロの正真正銘の人生が本人の口(筆?)から語られているわけなんですが、
時代順じゃないんですよ、しかもあるエピソードの中に別のエピソードが挿入されたりして、
おそらくわざとなんでしょうけど、入り組んでいます。まぁそれもコステロらしといえばらしいのですが。

長い音楽キャリアを詳細に伝えてくれている上に、家族のこと、特に父親のことも多くのページを割いて書いているので、
これだけの量になっています。それにしても父親の影響の大きさに驚きました。

さて、この本を読む人のほとんどの人が気にするのは、コステロ自身の音楽や、それに付随したエピソードでしょう。
あまりに多くのエピソードが披露されてますが、私が気になったものをいくつかピックアップしてみます。
ネタバレにならないように気を付けます。

1、ディランとの数多くのエピソード
ここまで深い関わりを持っているとは知りませんでした。共作やコラボレーションの機会がありそうでないのがもどかしいです。
『ロスト・オン・ザ・リヴァー:ザ・ニュー・ベースメント・テープス』が最も接近したものなのはちょっと残念な気がしてしまいます。今後ないとも言い切れないですけど、今コラボしたら激渋な音になりそうなので、二人がもう少し若い時に共作とかしてくれたら嬉しかったですね。
by カエレバ


2、ブルース・スプリングスティーンとのエピソード
そんなに深い絆ってわけじゃないけど、若い頃からお互い気にしあって影響しあってたのがわかります。

3、フィル・ライノットとの共演
これはほんの数行しか書かれてないんだけど、コステロのライブにベーシストとして参加したことがあるそう。これはちょっと驚いた。

4、ジェフ・バックリィについて
これも軽めのエピソードなんですけど、もしジェフがもうすこしキャリアを築いていたら、共演もあったかな、なんて想像が膨らみます。

5、ポール・マッカートニーとのエピソード
多くの人が知りたい話ではないでしょうか。詳しくは書きませんが、ポールとのセッションでのヘフナーベースの件などは、当たり前だけど当事者しか知らない話で、興奮してしまいました。

ちなみにコステロ曰く、
「ザ・ラヴァーズ・ザット・ネヴァー・ワー」のラフレコーディング版はポールのソロキャリアで最高の未発表音源だそう。
こちらのデラックスエディションで聴けるのがそうかな?
by カエレバ


他にも沢山のエピソード、コラボレーションしたアーティスト、共演したアーティストの話や、恋愛、家族など、
すべてを語りつくしたといっても過言ではない内容です。
驚愕の記憶力と、詩人、作家としての能力が相まって凄まじい内容になっています。
当然ですけど自分にとって都合よくとらえてたり、美化している部分もあるでしょうけれど、
基本的には誠実に情熱を持って書いていると思います。

ビートルズ後のUKロックのひとつの歴史本にもなってるし、資料的価値も高いと思います。
また数多のレジェンドたちの知られざる一面を知ることもできるし、コステロ好きだけではなく、音楽好きにはたまらない内容なのではないでしょうか。

軽く読むには質量的にも内容的にも重いですけど、腹を据えて読めばあっという間に読破できます。

コステロの音楽とともに読んでみてはいかがでしょうか。

エルヴィス・コステロ自伝

エルヴィス・コステロ/夏目 大 亜紀書房 2020年12月23日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ


by カエレバ


by カエレバ










テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

再発CD企画『ロック黄金時代の隠れた名盤』まさかの第二弾!!ワタシのオススメ。

昨年行われた、
ユニバーサルミュージックによる再発CD企画〈ロック黄金時代の隠れた名盤「1965-1975編」〉は、
ワタシ的にもエミット・ローズやサンダー・クラップ・ニューマンなどがラインナップされかなりアツかったわけですが、
おそらく一部で?好評だったのでしょう、今年も続編が企画、開催されます。

その名も、
入手困難盤復活!! 続・ロック黄金時代の隠れた名盤〈1976-1985編〉!!


さて、今回もワタクシ的オススメをピックアップ!
まぁ、オススメというより自分が買おうと思ってるものなんですけどね。

今回も良心価格税込み1100円なのがいいのよ。



ジーン・クラークが1977年に発表したアルバム『寂しい土曜日』
エミルー・ハリスが参加。
Gene Clark 寂しい土曜日<生産限定盤> CD
by カエレバ




バーズのロジャー・マッギン、ジーン・クラーク、クリス・ヒルマンが再集結したアルバム『マッギン、クラーク&ヒルマン』1979年発売。
マッギン・クラーク&ヒルマン / マッギン、クラーク&ヒルマン(生産限定盤) [CD]
by カエレバ




ドクター・ジョンの78年作品『シティ・ライツ』
スティーヴ・ガッドなどが参加。
89年のリマスターってのがちと気になる・・。
Dr. John シティ・ライツ<生産限定盤> CD
by カエレバ




スクイーズのサード・アルバム『アージーバージー』なぜかこの1枚だけチョイスされてます。
[CD]/スクイーズ/アージーバージー [生産限定盤]
by カエレバ


そしてスクイーズ関連でもう一枚。
スクイーズのソングライター・コンビであるクリス・ディフォードとグレン・ティルブルックが、
スクイーズの活動休止時に発表した唯一のアルバム『ディフォード&ティルブルック』
このアルバム聴いたことなかったんで、今回嬉しい再発。
Chris Difford ディフォード&ティルブルック<生産限定盤> CD
by カエレバ




ジョニ・ミッチェル『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』
82年作。
ジョニ・ミッチェル / ワイルド・シングス・ラン・ファースト(生産限定盤) [CD]
by カエレバ




ザ・ジャム『ディグ・ザ・ニュー・ブリード』
解散前に発売されたライヴ・ベスト。確かにこのアルバムあんまり見かけないですよね。
新規ジャムファン、ウェラーファンは嬉しいんじゃないでしょうか。
ザ・ジャム / ディグ・ザ・ニュー・ブリード(生産限定盤) [CD]
by カエレバ




はい、こんな感じでなかなか渋いチョイスです。まぁ、入手困難盤って言ってますからね。
ほかにもいろんなアルバムがありますので、気になる人は
ユニバーサルミュージックの入手困難盤復活!! 続・ロック黄金時代の隠れた名盤〈1976-1985編〉のサイトを御覧ください。

いや、しかしサブスクなどのせいでCDは絶滅を危惧されてるわけですが、
こうやって続編が企画されてるってことは需要はまだあるんですね。
消える前の微かな輝きなのかもしれませんけど、まだまだ楽しみます、私は。




Feedlyの購読登録ボタンです。
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow


「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村










テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

最近読んだ音楽書籍、特別編。ニール・ヤング『音楽を感じろ』は音楽好きの必読書だと思う。

ニールヤング『音楽を感じろ デジタル時代に殺されていく音楽を救うニール・ヤングの闘い。』

このブログに来てくれてる人ならば絶対に読んで欲しい1冊。あ、もう読んでます??
音楽を感じろ

ニール・ヤング/フィル・ベイカー 河出書房新社 2020年08月11日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ



タイトルに全てが込められている気がしますが、これはニール・ヤングの、音楽、そして音に対する想いが綴られた文章であり、
近年のデジタル、ストリーミングの変化の記録であり、その変化と戦い「正しい音」を追究する男たちの戦いの記録でもある。

とても読み応えのある1冊でした。
ニールヤング好きはもちろん、音、音質、音楽プレーヤー、アナログレコード、CD、ハイレゾ・・・
音に関するあれやこれやに興味のある人には必ずヒットする内容だと思います。

それはつまり、今自分が聴いている音楽や音質に何の疑問ももたず、
満足とか不満とかの感情すら持たない人には1ミリも関係ない物語とも言えます。

だからニール・ヤングが好きか嫌いかは置いといて(と言ってもニール・ヤングに興味のない人は多分読まないだろうけど)、
オーディオとか音質とかに興味のある人に読んで欲しい。

ニール・ヤングはただ自分の想いにまっすぐで、なにか思い立ったら行動せずにはいられない人。
それが成功する時もあれば大失敗の時もある。ファンならそれはよく知っている事実。
今回は果たしてどうか・・・

今回の話も、ニールが「今、リスナーに届けられている音質はクソ」だから「なんとかしたい、いや、すべきだ」から始まっている。
「真っ当な音質を」誰もが聴くべきだし、聴けるようにすべきである、と。

そして、これはネットサービスやiPhone、iPodなどの音楽プレーヤーやファイルの圧縮、提供方法などのテクノロジーの進化と連動した話でもあります。 
ニール曰くテクノロジーは進化してるのに音楽の分野は退化してるのはどういうことだ?と。
そして音質によって価格が違うのもおかしいのではないか?と。

とりあえず、ニールの負け戦だったことは事実として残っているので明らかではあるんだけど、その苦闘の歴史こそがこの本の醍醐味です。
でも、ニールがしたことが少なからず、世の中を動かしたことも事実だと思います。
それを本書で知ってもらえたら嬉しいです。

天の邪鬼な私は読み終えて、pono(ニール達が開発した高音質音楽プレイヤー)が欲しくなっています。

私はアナログレコードが大好物ですが、レコード原理主義者ではないです。
良い音で聴けるならばフォーマットや道具は何でも良いです。
アナログレコードの音が良いとは思っていますが、自分はその質感や聴く手順や、その全てをひっくるめて好きなんだと思っています)

ニールも、「レコードは本能と身体と心に訴えかける」と言っています。

これから音楽の聴き方がどうなっていくのかはわからないけれど、デジタルに殺されずに、好きな音楽をいい音で聴ける世界であって欲しいと思うし、そのための選択肢は沢山あって欲しいなって思います。

たぶん、それでもレコードに針を落とすと思うけど。

音楽を感じろ

ニール・ヤング/フィル・ベイカー 河出書房新社 2020年08月11日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ



by カエレバ





Feedlyの購読登録ボタンです。
このボタンですぐに当ブログの登録ができます!!不定期なこのブログの更新がわかるように!!
購読者数100アカウント目指し奮闘中!
登録していただくと、とても、とても励みになります!
follow


「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : アナログレコード

FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。