スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッファロー・スプリングフィールド『WHAT'S THAT SOUND? THE COMPLETE ALBUMS COLLECTION』

2018年に出たボックスの処理がまだまだ終わってませんので、今回もそれです。
バッファロー・スプリングフィールドについてです。
2018年の6月頃リリースされたボックス『WHAT'S THAT SOUND? THE COMPLETE ALBUMS COLLECTION』を紹介します。

WHAT'S THAT SOUND?
WHAT'S THAT SOUND?
posted with amazlet at 19.03.18
BUFFALO SPRINGFIELD
RHINO (2018-06-29)
売り上げランキング: 80,328


まずはバッファロー・スプリングフィールドを知らないという方のために簡単に。
60年代に活動したロックバンドです。伝説のバンド扱いされています。
活動期間は1966年から1968年のわずか2年。しかし、彼らの遺した作品、音楽の影響力は大きく、
それは今なお続いているといって良いでしょう。
フォークロック、カントリーロック、そして60年代後半の空気を内包したその音楽は、どこにでもありそうで、だれにでもできそうなんだけど、実はどこにもなくて誰にもできない、彼らだけの音楽だったりします。だから魅力的なわけだけど。
今でこそ伝説のバンド扱いですが、それは在籍した二人の人物が解散後ビッグになったからという理由もあるでしょうね。
その二人とは、みなさんご存知、ニール・ヤングとスティーヴン・スティルス。
(話を簡単にするためリッチー・フューレイやジム・メッシーナなど他のメンバーのことは今回はスルーします)

この二人の愛憎入り交じった複雑かつ不思議な関係はいろんなところで語られるけれど、天才音楽家二人の関係は二人にしかわからないんでしょうね。
結成時のエピソードは確かニール・ヤングの自伝に詳しく書かれていた気がする。どこまで美化されてるかわかんないですけど。
とにかくロサンゼルスで結成され、アルバム3枚を残しました(ラストアルバムは解散後にリリース)。約2年という短い活動期間で幕を閉じちゃうんです。それもあってレジェンド扱いされてるってわけです。

日本ではあまり有名でないというか、一般受けはしてないいんですが、ミュージシャンには昔から大人気。
はっぴいえんど結成時に細野晴臣さんと大瀧詠一さんが、
「バッファロースプリングフィールドみたいなバンドをやろう」っていう逸話が残されてたりします。

音楽的にもいろんなところでパクリ、いや、元ネタにされることが多いです。
それくらい古典的な曲が多いともいえます。


で、その3枚のアルバムは、
1stアルバム『Buffalo Springfield(バッファロー・スプリングフィールド)』
2nd『Buffalo Springfield Again(バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン)』
3rd『Last Time Around(ラスト・タイム・アラウンド)』
です。

ここからが本題なわけですが、
今回のボックス『WHAT'S THAT SOUND? THE COMPLETE ALBUMS COLLECTION』は、その3枚のアルバムを纏めたアナログボックスというわけです。
CD盤もありそちらも5枚組です。なのでどちらも5枚組のコンプリート・アルバム・コレクションと銘打たれてます。
なんで3枚しかリリースしてないのに5枚組?と思ったあなたは鋭い。
どうせライヴ盤とか、未発表曲集とか付いてるんでしょ?
そう思ったあなた!私もそうであって欲しかった。けど違うんです。

5枚の全貌はというと、
1966年のデビュー作『BUFFALO SPRINGFIELD』のモノ・ヴァージョンとステレオ・ヴァージョン、
1967年のセカンド『BUFFALO SPRINGFIELD AGAIN』のモノ・ヴァージョンとステレオ・ヴァージョン、
そしてラスト・アルバムとなった1968年のサード『LAST TIME AROUND』のステレオ・ヴァージョン。

これで5枚というわけです。
ある意味潔いですが、少し残念な気も。もう未発表音源とかはないんですかね?
ライヴならありそうなもんですけど。

では、答え合わせにもなりますのでボックスを見ていきましょう。ある意味このバンドのディスコグラフィにもなってるので、参考にしていただけたらこれ幸い。

ボックスのジャケ。楽しそう・・かな(笑)。
0fe2340f-c0e7-41e8-b7de-de6e68d256a9.jpg

ニール・ヤングがウダウダ言ってる(と思う)、ライナーが1枚付いてます。
今回は音良いぜ的なやつです、たぶん(超訳)。画像は忘れました(汗)。
音に関しては、オリジナル・アナログ・マスター・テープから新たにリマスタリングを施していて、
ニール・ヤングさん公認のリマスターみたいです。


『BUFFALO SPRINGFIELD / バッファロー・スプリングフィールド』
1966年リリースの1st。個人的には正直あまり聴くアルバムではありませんでした。
でも今回久しぶりに聴いてみたら、その若さのほとばしり感と、すでに芽生えている楽曲のセンスの良さが混ざり合って、不思議な魅力を感じることができました。
荒削りな部分も多く、未熟さや新鮮さが好きな人は楽しめるかも。
モノラルとステレオでは内容が少しだけ違います。「Baby Don’t Scold Me」が「For What It’s Worth」に差し替えられ曲順も変わってます。

モノラル盤。
61886add-a20d-465f-b03d-9bdf7765f27c.jpg

ステレオ盤。間違い探しではないです。
stereo48babd0a-7eac-4730-9832-4e5c809b155d.jpg

続いて67年発売の2ndアルバム、
『BUFFALO SPRINGFIELD AGAIN』
1stとは逆にコチラはとても好きです。びっくりするくらいまとまりがないのだけれど(バンドの状況からしてもそれは明らか)、それすらも不思議な魅力になってます。個々の曲が良いってのが大きいですね。
今回はモノラルが上手く鳴らなくて(モノラル仕様にしてないので当たり前なんだけど)ステレオ盤が迫力あって楽しめました。

モノラル盤。
ee94add1-c1f9-499b-b9e5-6dbf65014c72.jpg


ステレオ盤。間違い探しの難易度が上がってます(笑)。
stereob54e96e4-e220-48a0-95b1-48c2edf5ff69.jpg

ツイッターでも言ったけど、このアルバムの裏ジャケはバンドが影響を受けた人物が列挙されてるんですけど、
なぜかディランは本名のロバート・ジンママン(Robert Zimmerman)で書かれてるんですよね、理由を知ってる人がいたら教えてください。
e129c2c6-826e-4ac5-ae09-d43c8ccacc21.jpg

そしてボックス最後を飾る5枚目は、サード・アルバムかつ最終作68年発売の『LAST TIME AROUND』のステレオ盤。
このアルバムに関してはモノラル盤が作られてないってことなんですかね、ステレオ盤のみです。

0aa92d00-facd-440a-854f-033020c37b69.jpg

リリース時にはすでにバンドは解散していまして、アルバム自体散漫な印象なんですけど、これもやっぱり曲と演奏が良いわけです。しかも良い見方をすればそれぞれが未来を見つめているかのような曲になっています。例えばニール・ヤングはソロに向かう、スティーブンスティルはCSN、リッチー・フューレイはポコへ曲や演奏の萌芽が見られるわけです。ポコは詳しくないんですけど。
終幕の閉塞感よりも未来への展望が見れる、わりと珍しい最終作なんじゃないですかね。
あ、今回の中で音が一番良いです。録音が良かったのか、ジム・メッシーナの力か。


後付けスーパーグループは三大ギタリストを輩出したヤードバーズとか、
いろいろありますけど、バッファロー・スプリングフィールドを聴けばすでに二人の才能がこの時点で輝いていることがわかります。
そして3年という短い期間に作られた楽曲は、メンバーの音楽的、性格的せめぎあいも絶妙なバランスで保たれ(それが崩れて崩壊していくわけですが)、
若さゆえの勢いや、瑞々しさ、儚さ、夢、希望、焦燥、挫折、あれやこれやが混ざり合って、奇跡的に光輝いています。

その後のくっついたり離れたりをみてますと、この時この瞬間に音が刻まれたことが奇跡的といっても良いでしょう。

そんな一瞬のきらめきは、ロックンロールの魅力の一つでもあります、
名前だけは知ってるという人も、このボックスきっかけで聴いてみることを強くおすすめいたします。

CD。
WHAT'S THAT SOUND?
WHAT'S THAT SOUND?
posted with amazlet at 19.03.18
BUFFALO SPRINGFIELD
RHINO (2018-06-29)
売り上げランキング: 80,328


ワタシが購入したアナログボックス。
WHAT'S THAT SOUND? [12 inch Analog]
BUFFALO SPRINGFIELD
RHINO (2018-06-29)
売り上げランキング: 197,085





音楽ブログランキング1位目指して奮闘中!清き一票1クリックを!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

『エレクトリック・レディランド』 50周年記念盤。ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスだよ。

『エレクトリック・レディランド』です。

ツイッターとインスタでひたすらつぶやき続けましたが、50周年記念盤について改めてまとめてみました。

『エレクトリック・レディランド』(Electric Ladyland)は、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスが1968年に発表したアルバム。
エクスペリエンス名義としては3作目にして最後のアルバム。ジミ・ヘンドリックス存命時としては最後のスタジオ・アルバムでもある。

これが一般的解説になります。まぁ、ロック者には説明不要の、重要作、名盤でゴザイマス。
今では私もこのアルバムの素晴らしさが十二分にわかりますが、若い頃はどこでも誰でも名盤扱いするこのアルバムの良さをあまりわかってなかった気がします。決してわかりやすいアルバムではないですよね。

そんな『エレクトリック・レディランド』ですが、このたび50周年を記念した豪華盤がリリースされました。
昨年の話ですが。
エレクトリック・レディランド 50周年記念盤(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
SMJ (2018-11-21)
売り上げランキング: 25,091



24960da6-ea35-45fc-8f2f-254e9f081c49.jpg

3枚のアルバム(アナログだと6枚)にBlue-rayを加えた豪華仕様です。
内容はこんな感じになってます。
1枚目は、バーニー・グランドマンがオリジナルのアナログ・テープからリマスタリングを施した『エレクトリック・レディランド』を収録。この1文で聴く前から良い音に聞こえてきます(笑)。
bdee7516-3514-4fa2-9e63-5335824608ef.jpg

2枚目『At Last...The Beginning: The Making of Electric Ladyland: The Early Takes』は、
未発表デモ、および別テイクを20曲収録。
df153b91-7328-4bd2-a816-71bafbf3f708.jpg
これはそんなに期待してなかったんだけど、良かったです。1枚目はジミの弾き語りデモって感じで、まさに曲の制作過程で、ホテルでテープに吹き込んだものなんだけど、生々しさが半端ない。後ろで電話とか鳴ってるし。でも音も悪くないんです。ジミ自身こんなものが50年後人々に聴かれることになるなんて夢にも思ってないだろうけど、貴重な音源だし、耳を傾ける価値は大いにあると思います。
後半(アナログだと2枚目)はバンドのセッション音源。
これもあまりに良い音なのでホントにジミが演奏してんの?って勘繰りたくなるほど。でも音自体は紛うことなくジミなんだけどさ。
ほとんどインストだし、セッションだから突然終わったりするんだけど、それでもかなり熱を帯びた演奏が多くて聞き入っちゃいます。


3枚目『Live At The Hollywood Bowl September 14,1968』は、
68年9月のハリウッド・ボウルでのライブ。最近発見されたサウンドボード音源らしいんですが、未だに出てくるのがジミのすごいところ。
878cc5b6-e031-49ed-9f3a-aaaf280d378f.jpg
一曲目になってるイントロダクションがやたら長くてやきもきするのですが、
ニルヴァーナかよっていうフィードバックノイズから(時代的に逆ですけどね、シアトルの先輩ですし)、そのまま音の悪いガレージサウンドに突入するので、もしかしたらグランジの元祖はジミなのかもしれない。

で、確かに音は悪いです。いきなり終わったりもします。新たに発見されたサウンドボード音源らしいので、この日の音源としては最も良いものなのでしょう、でもとにかく音悪くて、ジミのボーカルは割れてるし、ミッチのドラムははるか奥の方でくぐもってるし。商業ベースに載せちゃいけないレベルかもしれない。
でも時期とかからしてもとても貴重なものだし、ファンなら聴く価値は高い。なにより熱量がすごくて、それだけで圧倒されます。こんなん生でみたらそりゃヤバいでしょうなぁ。


Blue-rayには長編ドキュメンタリー 『At Last...The Beginning: The Making of Electric Ladyland』と、
オリジナル・アルバムの[非圧縮LPCMステレオ 24ビット/96k]、[非圧縮 LPCM 5.1サラウンド 24ビット/96k]、[DTS-HD マスターオーディオ 5.1 サラウンド24ビット/96k]が収録。要はエディ・クレイマーによる各種5.1サラウンド・サウンド・ミックスってやつです。
このへんのブルーレイ収録も最近の主流になってきましたね。
もはやエディ・クレイマーはジミのイタコ的存在なので、ずっと続けてもらいたいですな。
さらに長編ドキュメンタリー 『At Last...The Beginning: The Making of Electric Ladyland』が収められているんだけれど、日本版は字幕付いてるみたいなので、3CD+Blu-rayをいつか手に入れたい気持ちもありまする。
75c2167f-0c97-4512-9436-880b45ff1bd8.jpg

ドキュメンタリーは字幕が欲しいと切実に思いましたが、ここで取り上げたいのはサラウンド音源の方。
本ボックスのなかでもオマケのように考えていたんですが、違いました。
これ、聴いた方が良いです。
個人的には今まで聴いた『エレクトリック・レディランド』の中でも、最も良い音でした(個人の感想です、また今まで聴いた数はそれほど多くありません)


そして今回、何が一番違うかっていうとそれはもうジャケットでしょう。
皆さんご存知のあのジャケではなく、そしてもう一つのヌードジャケでもない、リラックスした様子のメンバーと子どもたちが映る写真が使われている。
24960da6-ea35-45fc-8f2f-254e9f081c49.jpg

なんとこれがジミが思い描いていたアルバムジャケットらしいです。しかも撮影は後にポール・マッカートニーの奥方となる、写真家リンダ・イーストマン。
この形でオリジナル盤がリリースされてたら、今と印象はおろか、評価すら変わってたかもしれない。ジャケの力ってそれくらいあると思いますし。


それにしても68年というのは、ロックンロール後追い世代としては、想像を掻き立てられる年ですね。
『エレクトリック・レディランド』が10月にリリースされ、その後の11月にビートルズ『ホワイト・アルバム』、12月にストーンズの『ベガーズ・バンケット』だよ。毎日お祭りしてるみたいじゃないですか(多分当時はそうじゃなかったんだろうけど)。

そんなことに思いを馳せつつ、この記念盤を楽しんでおりまする。

エレクトリック・レディランド 50周年記念盤(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
SMJ (2018-11-21)
売り上げランキング: 25,091




「いいね」感覚でちょっと下のボタンを押してみませんか?ワタクシに愛の手を。目指せ再びの音楽ブログランキング1位!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村























「読んだ本」紹介いたします。とりあえす今回の最終章。

「読んだ本」とりあえず今回はこれでラストにします。
また、紹介したい本が溜まったらやります。次はこんなに間があかないようにしたいです・・はい。

それでは、今回も強烈なラインナップです、どうぞー。


サルバドール プラセンシア(著) 藤井 光 (訳) 『紙の民』
痺れる小説でした。いろんな作家がやりそうでやらない物語でした。
ストーリーは土星対ロサンゼルス郊外の町のある集団。さらに紙の民やメキシコ生まれのリタ・ヘイワース、佐山サトルのタイガーマスクとか、いろいろな人が出てきます。ね、わけわからないでしょ。ストーリーのみならず文のレイアウトも自由奔放で(ちゃんと理由はあるのだけど)いきなり3段組になったり、黒塗りの部分があったり、徐々に印刷が薄くなったり、もう乱丁とか言い出す人が出そうなほどいろいろやってます。
ストーリーはあるようなないようなものなんだけど、たぶんいろんな作家が発想したりチャレンジしようと思うんだけど止める作りになってます、ようは誰もがやりそうだけどやらない大ネタを炸裂させてるんだけど、ちゃんと成立している、というよりそこが本書のキモだったりします。
突拍子もない小説を求めている人にはかなりオススメです。装丁、レイアウト、内容すべて込みで、紙の本で読みたい1冊です。
紙の民
紙の民
posted with amazlet at 19.02.22
サルバドール プラセンシア
白水社
売り上げランキング: 187,952




J・G・バラード 『J・G・バラード短編全集3 (終着の浜辺)』
まず最初に断っておくと、私はこの作家のことを何も知りませんでした、恥ずかしい。
イギリスの作家で、いくつかの作品が映画されてるけど、そのどれも観たことがなかった。
これまでの人生で縁のなかった作家といえる。
ただ、決まりきった作品や作家しか読まないという拘りもあまりないので、今回出会えたのは大げさにいうと運命なのかもしれない。
結果として、今回の出会いは良いものでした。
代表作や映画化されたものに触れてこなかったからとてもフラットな目線で作品に触れることができました。
冷たすぎず熱すぎない文体。ありそうでなさそうな舞台や状況、いそうでいない登場人物。けっして読みやすいとはいえないのだけれどなぜか読める、というか引き込まれる。もしかしたら短編というのがよかったのかもしれない。きっと長編だったら厳しかったんじゃないかと思う。なので今もって長編に手を出してみたいという感情は浮かんできていない。この短編でかなりお腹いっぱいな状態です。
それぞれが全然違う物語なので、その点でも作者の力量を感じることができます。SF寄りなものもあるけれど、そうでないものがほとんど。時代も場所もバラバラだし、繋がりはないのだけれど、その奥に流れる通奏低音のようなものを感じ取れます。するとそれが段々と心地良くなり、気がつけば夢中になっています。小説との出会いとしてはとても幸福なものであったと確信しています。そういう幸せな出会いって案外少ないんじゃないかと思います。
J・G・バラード短編全集3 (終着の浜辺)
J・G・バラード
東京創元社
売り上げランキング: 130,276




『竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに』
2009年のものなのですが、出てくる芸人の立ち位置はそんなに変わってないので、今でも読めました。
中身は芸人さんたちの竜兵会でのそれぞれの立ち位置や振る舞い方が書かれていて、一応はサラリーマンの処世術として読むこともできるものになってます。ま、あくまで芸人さんんたちのゆるい繋がりのなかですが、今の社会を反映してもいるので、参考にはなると思います、「ある部分では」のただし書き付きで。あ、竜兵会を知らない方はウィキペディア参照で。




手塚治虫 『手塚治虫シナリオ集成 1970-1980』
手塚治虫がワーカホリックすぎて生み出した功罪。功は漫画やアニメを世に広めたこと。罪はアニメーション制作を安くて苦しいものにしてしまったこと。私財を投げ打ってアニメ化に情熱をそそぐ手塚のもとでは、アニメーターたちはどんなに薄給でもついていく、そんなアニメ制作の現場を作り出してしまった張本人でもあるわけです。
そしてこの本は神様手塚の罪の部分。そしてその源泉。アニメーションのためのシナリオ集です。
漫画だけでも膨大な量を生み出したのに、これだけのシナリオやシナプスが残ってることに驚きます。もう頭の中が漫画とアニメの企画やアイデアで溢れかえってたんでしょうね。
もちろん物が物だけに荒削りな部分が多いですが、手塚の頭の中を覗き込むような感じで、漫画やアニメそのものとはまた違った面白さがあります。もちろん直筆のキャラクター設定やスケッチが掲載されてるのもポイント高いですし、自筆のお便り返信用はがきなんてものまで。
いろいろな面から楽しめる内容になってます。81-89年もあるので、そちらも読みたいです。
手塚治虫シナリオ集成 1970-1980 (立東舎文庫)
手塚 治虫
立東舎
売り上げランキング: 509,843




エイミー・E・ハーマン著、岡本 由香子訳 『観察力を磨く 名画読解』
普段から観察力の無さを嘆いてる身としましては、タイトルを見た瞬間に飛びつきました。
しかも名画読解なんて一粒で二度美味しすぎる。
結論としては観察力は訓練で向上することができる、ということでした。
結局は日々注意深く物事を見るってことなんでしょうけど、それにはやはりコツみたいなものも必要、ということで、この本はその練習を名画でやるってわけです。
ときには全体を見渡し、時には細部に集中し、ときには逆さまに、時には反対側に回って、といろんな角度から物事を見ることが大切だし、対象を見るときにはなるべくフラットに、バイアスをなくした状態で冷静に見る必要がある。
そのやり方とヒントをしっかり伝えてくれる本になってます。
観察力を磨く 名画読解
エイミー・E・ハーマン
早川書房
売り上げランキング: 19,754




ダニエル・J. レヴィティン (著) 西田 美緒子 (訳) 『音楽好きな脳―人はなぜ音楽に夢中になるのか』
音楽はいったいどこからやってくるのか?どうやって私たちの心に刻まれるのか?
心を動かされる歌とそうではない歌があるのはなぜなのか?
なんでこんなに音楽が好きなのか、ロックが好きなのか、自分でもわからない。
音楽は音程、コード、音質、リズムのように分けて分析することはできるけれど、それがなぜ感動を呼んだり、興奮を巻き起こしたりするのか。まさに感覚とか感性という言葉で片付けるしかない世界だと思ってましたが、その秘密を科学的に解き明かそうとした本です。
こうやって書くと学者が小難しい用語や式やデータを並べ立てたものを想像してしまいそうだが(実際本書の装丁がそっち寄りなので実に勿体無いと思ってます)、そんなことはなくて、できるだけわれわれにわかりやすく伝えようとしてくれてます。ロックアーティストの名前やバンドも沢山でてきて親近感が湧きます。ビートルズ、ストーンズ、レッド・ツェッペリンの名前や曲が度々出てくるのは作者の趣味だろうし、R.E.M.やエイミー・マンの名前が出てきたときは私もテンション上がってしまいました。
そもそも作者の経歴がこの本を面白いものにしています。というかこの人でなければ書けなかったであろうと言えます。
もともとはミュージシャン志望でしたが上手くいかず、レコーディングエンジニア、プロデューサーとして活動します。やがて三十代になって音楽への疑問の答えをさがすため、スタンフォード大学に入り、神経心理学や認知心理学を学びます。その後学位や博士号を取り、心理学と行動神経学の教授として研究を行っている。なんか凄い経歴の持ち主です。
なので音楽の知識を持ちながら、脳に関する研究を続けたその成果が本書とも言えます。
普段われわれが意識しない音楽の聞き方、どんな風に聞いているか、聞こえているか、その時脳はどんな働きをしているのかを知らせてくれています。その様々な事実や結果に、はっとさせられっぱなしでした。
音楽が好きな著者が音楽に関する脳の働きを、科学者目線と同時に我々と同じ音楽好き目線で語ってくれる本書は、ありそうでなかったもので、オンリーワンな楽しさと知的興奮を与えてくれます。
ただ、ピアノとかギターとかちょっとだけ音楽を齧ったことがある人のほうがすんなり理解できるかもです。
音楽好きな脳―人はなぜ音楽に夢中になるのか
ダニエル・J. レヴィティン
白揚社
売り上げランキング: 372,354



ちょっと堅めのものが多かったですかね?でもどれも読み応えのある本です。
では、今回の読んだ本はこれで一旦終了です。また面白い本が溜まったらやります!!

コチラもブログランキング1位目指して奮闘中!清き一票1クリックを!!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
FC2カウンター
supernovaのオススメ!
Sony Music Shop Lifestyle 135 home entertainment system Bose OE2 audio headphones ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
amazon
カテゴリ
月別アーカイブ
CDが片付かないあなたへ。
Supernovaがリアルに買って良かったガジェット。
絶滅危惧種のシングルCDを保護しよう。
プロフィール

Supernova

Author:Supernova
ようこそ!
コメントやツイッターのフォローなどされるととても喜びます。リンクももちろんフリーですが、一言頂けるとこれまた喜びます。相互リンク絶賛募集中!


検索フォーム
リンク
にほんブログ村ブログパーツ(β)
フィードメーター。
フィードメーター - 音楽と本を軸に回る僕のライフ。
トラックワード
音楽本!
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
オーディオウィジェット。
アナログレコードを愛する皆様へ。
おすすめアナログプレーヤー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。